低資金で企業できる!フランチャイズの紹介

カード決済の導入について

背広の人

最近ではクレジットカード決済に対応している企業が増えてきています。カード決済を導入すると顧客が財布にお金を常備している必要がなくなるため、また支払いが後に繰り越されるということもあり、顧客あたりの単価が上昇することがあります。また、多くのカード会社はクレジットカード決済を行うたびにポイントを付加しています。そのため、よりポイントというリターンが返ってくる客単価の高いお店では、クレジットカードを利用している顧客も多くいます。国際的なカード会社になると外国からの旅行客も利用していますので、現地の通貨に変える必要がなく利用できるクレジットカード決済は、外国人顧客の増加も見込めるでしょう。外国に限らず、旅行の際には現金を持ち運ぶリスクなども少ないため、国内旅行の顧客などからの収益も見込めます。また、店舗で多額の金銭を管理する必要がなくなり、収支が合わないといった問題などにも予防と対策ができます。
しかしながら、カード決済を導入することによるデメリットはやはりあります。クレジットカード会社と個別で契約する必要があり、提供元のクレジットカード会社に一定の手数料を払う必要があります。また、クレジットカード決済は実際に入金されるまでに時間がかかることがあります。複数のカード会社と契約をする場合、決済代行サービスなどを利用するといいでしょう。店舗の客単価が高いのであれば利益が上回ることも高いので、クレジットカード決済を導入してみてはいかがでしょうか。