低資金で企業できる!フランチャイズの紹介

クリニック経営の効率化

女医

規模が大きな大学病院や総合病院では電子カルテの導入の動きが活発ですが、規模の小さなクリニックであっても導入のメリットは大きいです。電子カルテを新規に導入する場合には十分に計画を立てることが重要であり、導入することで患者の病状や投薬の履歴をしっかりと管理できるでしょう。レセプトコンピュータと一体化された機種を導入するのが、診療から会計まで一元管理するためのポイントです。数多くのシステムの導入実績がある電子カルテの販売業者に相談することが、個別のクリニックのニーズに合わせて、最適な機種を選ぶための基本です。導入時には医師と看護師が操作方法をマスターする必要もあるので、3か月前から少しずつ準備を進めるのが理想的です。

診察がスムーズに行えるようになるために医師の満足度も高いですが、診察を受けて会計を終えるまでの所要時間も短くなるので、電子カルテは患者の間でも評判です。更にレントゲンなどの検査機器と連動させることで、様々な画像をパソコン画面に表示できるので、患者への説明もスムーズに行えるでしょう。ノートパソコンやタブレットも使える電子カルテのシステムもあり、訪問診療をメインに行うクリニックにも最適です。処方チェック機能も活用することで、副作用を避けながら患者一人一人に合った処方を行うことも可能です。他の医療機関と連携する場合には患者の情報を共有することも大切であり、患者情報ファイルのオプションメニューが役立つでしょう。